ボイラーの故障

ボイラーの故障

 

給湯器の寿命は一般的に10年程度といわれています。

これは各メーカーが標準的な条件の元で安全上問題なく使用できる年数、「設定標準期間」として定められています。

給湯器は使用環境や設置場所にもよりますが、10年前後で状態が悪くなり、トラブルが発生しやすくなります。

先日、私の自宅も突然お湯がまったく出なくなったり、シャワーの温度がいつも安定せず、熱くなったり冷たくなったりと大変困ったことがあり、急遽新しく給湯器とリモコンを交換してもらいました。

もともと古いタイプの給湯器を使用していたのも故障原因の一つですし、寿命が近づいていました。

給湯器が古いと、給湯器の配管内に残った水が原因でお湯の温度が不安定になることがあります。

これは古い給湯器特有の症状のため、最新の給湯器に取り替えることで状態が改善することが多いです。

この他にも給湯器に故障が起きている症状として、「追い焚きしても設定温度にならない」「給湯器から水漏れしている」「すべての水栓で熱いお湯が出ない、お湯がぬるい」などがあります。

これらの状況を無視して使用していると、状況によっては一酸化炭素中毒など、重大なトラブルを引き起こす可能性があります。

そのような重大なトラブルに発展する前に、お気軽に弊社までご相談ください。

 

次の記事

冷蔵庫の故障