太陽光発電 メンテナンス

太陽光発電 メンテナンス 草刈り

豊橋市にある太陽光発電所です。草刈り作業を行いました。

架台につる草が巻き付いていたり、空き缶等のゴミが散乱いるのも発見!

綺麗に片付けをし完了です。

太陽光発電は定期的に草刈り等のメンテナンスや定期点検を行う必要があります。

雑草対策のため防草シートを張ってありますが、雑草は思った以上に丈夫で防草シートを突き破って生えてきます。

雑草を伸ばしたまま放置しておくと、伸びた雑草が原因でパネルに影ができ発電量に影響が出ていまいます。

パネルに影が恒常的に生じる場合、クラスタに発熱の逃げ場がなくなり、その結果セルが破損してしまう事もあります。

これは定期点検やメンテナンスを行う事により解決にする事がほとんどです。

雑草は、春から夏にかけて生育が早くなるので、また様子を見て草刈りを行いたいと思います。

 

前の記事

照明器具の寿命と劣化

次の記事

ボイラーの故障