液晶テレビの故障

液晶テレビの故障

今もっとも普及している液晶テレビ。

一般的に液晶テレビの寿命は7年~10年と言われています。

液晶テレビの寿命は使用環境によっても変わってきます。

いざ、テレビを見ようと思った時に「電源が入らない」「映像が映らない」などの症状が発生するケースもたくさ

んあります。

このような症状が出るとテレビの寿命が近づいているサインです。

寿命のサインが現れた際には、早めに対処する必要があります。

 

症状が出た液晶テレビの対応策

液晶テレビに不調が見られる時は、まず電源のオン・オフを3回ほど繰り返すと直ることがあります。

テレビにリセットする時間を与えるため、コンセントを抜き、電源を切ってから少し時間を置いて電源を入れなおすのがポイントです。

また、メーカーは保証を設けていますので、保証期間の確認をお願いします。

無料で交換や修理を行ってくれることもあります。

長年使用している液晶テレビは修理を行うより、買い替えた方が結果的にお得になるケースが多くあります。

「電源が入らない」「映像が映らない」といった液晶テレビの故障の症状は、液晶パネルやテレビの回路の不調が原因となっていることが多いですが、受信アンテナやブースターが不調の原因になっていることもあります。

このように液晶テレビの故障はさまざまです。

弊社ではテレビの取替工事・アンテナ取替工事も行っています。

テレビやアンテナの故障が疑われる場合は、ぜひ弊社までご連絡ください。

 

前の記事

漏電ブレーカー取替工事

次の記事

畑の草取り