漏電ブレーカー取替工事

漏電ブレーカー取替工事

豊橋市のお客様からご依頼をいただきました。

電気保安協会の方に点検をしてもらった際に漏電ブレーカーが誤作動していたとのこと!

早速、漏電ブレーカーの取替工事を行いました。

漏電ブレーカーの耐用年数は約10年~15年と言われています。

ブレーカーを設置してから10年以上経ったから劣化しているとは限りませんが、

なんらかの理由で故障した場合や使用年数によっては交換が必要になります。

10年以上しても問題なく使用できることもありますが、

取り返しのつかないトラブルが起きる前に早めの交換をオススメします。

 

漏電ブレーカーが作動するのはどんな時?

漏電ブレーカーは漏電を検知して遮断してくれるブレーカーです。

漏電は、本来電気が流れることを想定していない場所に電気が流れてしまいます。

漏電箇所に人が触れれば感電のリスクがあるのはもちろん、回路がショートして火花が散り、火災の原因になるといった非常に危険性な状態です。

これを防ぐために漏電ブレーカーを取り付けて、漏電が起きたら即電気を遮断できるようにしています。

このように漏電ブレーカーはとても重要な役割があります。

通常、漏電している際に作動する漏電ブレーカーですが、

漏電していないのに漏電ブレーカーが作動してしまった場合は故障している可能性が高いです。

不具合や故障が発生し、お困りの方はぜひ弊社までお問い合わせください。

前の記事

太陽光発電 配線工事

次の記事

液晶テレビの故障